FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

私の子供にも、ピロリ菌がうつっていたらどうしよう…

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結 鎮静剤を使った楽な胃カメラ、無痛大腸カメラを行う専門クリニック



当院には 30歳~40歳の方が多く胃カメラを受けに来られます。


検診でたまたまピロリ菌検査で陽性になったり、胃カメラでピロリ菌感染が分かったりと様々な経緯で「ピロリ菌感染」を知ることになります。

そこでハッと「自分の子供にもピロリ菌がうつっているかも…」と不安になる人が多くいらっしゃいます。
そこで 今回のテーマは「子供とピロリ菌」です。

まず 「感染しているかしていないか」
これは症状だけでは分かりません。検査してみないと分からないのです。そもそもご自身も、30歳~40歳で初めて、自分がピロリ菌に感染しているのを知ったわけです。


そこで「子供にすぐ検査したほうがいいですか?」と聞かれます。

答えは「なんとも言えない」です。ピロリ菌の検査には、尿や便で調べる方法があります。ほかにも尿素呼気試験という息を専用バックに吐いて調べる方法もあります。自治体によっては、中学生や高校生を対象に調べているところもあります。しかし、保険では認められず自費での検査になります。大人では胃カメラで調べる方法が保険適応がありますが、さすがに子供に胃カメラを飲ませるわけにはいきません。


そして「自費でもいいから検査受けさせたいのですが、どうでしょうか?」と聞かれます。
答えは「検査だけならいいですが…」です。

というのも、もしもピロリ菌がいてることが分かったとしても、小児には「ピロリ菌治療薬の保険が通らない」のです。国で認可された薬がないのです。
それ以外にも、小児期に除菌したとしても「再感染する可能性がある」のです。
一般的にはピロリ菌は2~5歳までには感染していると考えられています。
大人では感染しないと考えられています。しかし、小学生なら、中学生なら…というデータがないのです。

保険以外にも、耐性菌の発生する恐れや、薬の副作用の問題など、いろいろとあります。


お子さんが小学生くらいであれば様子を見つつ、成人になってからでも症状があれば早めに専門クリニックに行くように。その時でも遅くはありませんよ。と 当院では説明しています。

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、鎮痛剤を使った痛くない大腸カメラを行う内視鏡クリニックです。
ピロリ菌除菌治療にも積極的に取り組んでいます。



クリニック ホームページは↓
ホームページはこちらまで
スポンサーサイト
2018-08-01(Wed)
 

胃カメラ 大腸カメラ ネット予約始めました。 森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック

2016年12月より、「より気軽に」胃カメラ、大腸カメラが申し込めるようにネット予約システムを導入しました。
インターネットから、「希望の日時」で検査日を予約する事ができます。

当院の予約システムは「不完全性」予約システムです。どういう事かと言うと、予約をされた翌営業日に、当院から患者さんへ電話させていただきます。
そこで、予約の日にちの確認、検査目的、体調の具合など問診させていただきます。急いで検査をした方がいい場合は、こちらから検査日を早めるようにすることもあります。
つまり、検査前に一度電話確認することで、患者さんにとって「一番よいタイミング」での検査を提案しております。また検査に対する疑問や不安も、電話で緩和する事が出来ます。

ネット予約は、特に若い女性の方に人気です。夕方から夜に、仕事や家事の一段落ついた時間でお申し込みいただいています。次にサラリーマンの方に人気です。検診などで要精査となった場合に「とりあえず検査日程を押さえておきたい」そんなリクエストに対応しています。

検査を「より気軽に」「より丁寧に」受けることが出来るように、今後も努めてまいります。
楽な胃カメラ、大腸カメラを希望される方は「ご気軽に」相談下さい。
急ぎの方は、ネット予約だけでなく、電話予約でも対応しております。

2017-01-30(Mon)
 

楽な胃カメラを受ける方法 

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 大阪のJR森ノ宮駅直結の内視鏡専門クリニック

皆さんは 胃カメラを受けた経験があるでしょうか?
その胃カメラは楽だったでしょうか?苦しかったでしょうか?

その差は一体何なのでしょうか?
大きく3つ ①検査の環境 ②医師側の問題 ③患者さん側の問題があります。

胃カメラでは、麻酔を使う/使わない、口から/鼻から挿入するカメラがあります。
やはり楽なのは、麻酔を使った方法です。麻酔といっても、ドラマでみる手術シーンの麻酔ではなく、点滴で少しボーとウトウトした状態で検査を行います。正確には麻酔ではなく、鎮静剤といって気分が落ち着いた状態で検査が出来ます。


医師によって、やはり技術の差はあります。一般的には経験数が多いほど上手だと考えられます。
大きな病院で研修医の先生にされるよりは、内視鏡を専門に開業されている先生方の方が上手ですね。
(研修医の先生を教えているような先生が開業しているわけですので)
また専門医資格を持たれているかも参考になります。
ただ、専門医資格は試験問題だけで取得できるので、知識があるけど経験はあまりない先生もまぎれていますが…


③過度に緊張、不安な状態だと全身に力が入ってしまい、余計にオエッとしてしまいます。一度オエオエするとなかなか力が抜けず余計苦しくなってしまいます。特に以前に辛い胃カメラを受けられた方はトラウマになって力が入ってしまいます。
そんな方は鎮静剤を使うとボーとするため、多少オエッとしても力まなくなるため楽に検査を受ける事が出来ます。
ゆっくり深呼吸して、出来るだけ全身の力を抜いて検査を受けましょう。

楽な胃カメラを受けるためには、
●出来たら麻酔をつかっている病院で 
●内視鏡経験が豊富な先生に(出来たら専門医) 
●あとは先生に任せて出来るだけ力を抜いて
 

検査をする事が大切です。

勿論、当クリニックでは鎮静剤を使った胃カメラもしています。
私は専門医資格を持っています。
年間件数は2000件を超えています。
他のクリニックで検査を受けてしんどかった方や、検査に不安がある方、楽な検査をご希望の方は気軽に相談ください。

当クリニックの自慢は、胃カメラを受けて楽だった方が大腸カメラも希望されたり、奥さんが胃カメラを受けて旦那さんも受けられたり、そんな口コミが多い事です。
検診のバリウムでひっかかった、胃の調子が悪い…そんな方で胃カメラを悩まれているなら、
一度胃カメラでしっかりと検査してみませんか?

大阪にある森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック
 「楽な胃カメラ、大腸カメラ」が売りの内視鏡専門クリニックです。
JR森ノ宮駅直結 谷町、玉造、京橋からもアクセス良好です。 


クリニックのホームページはコチラ
森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック
2016-12-02(Fri)
 

今回からは胃カメラ、大腸カメラを中心に話題転換

改めて自己紹介

初めまして。私は36歳男性医師で、内視鏡を握って10年経つ医師です。
今は胃カメラ、大腸カメラ検査を仕事の中心として、大阪府内をあちこち検査を手伝っています。
多くの方が検査の事を知って不安が減って検査を受けてもらう事で
胃がん、大腸がん、食道がんとなる人が一人でも少なくなればという想いでブログをリニューアルしました。
これまで医師として多くの胃がん患者さん、大腸がん患者さんを診て、
「もっと早く検査していれば…」という悔しい想いをしてきました。
その医師の思いと 患者さんの橋渡しができたらと思って 今日から始めます。
初めて知ってもらった方、宜しくお願いします。

胃カメラって?

簡単に言えば、1mくらいのゴムチューブみたいな先に CCDカメラが搭載されていて
直接、食道、胃、十二指腸を観察する機会です。
直接見る事がバリウム検査とは違うところですね。
方法としては①口から入れる方法と ②鼻から入れる方法があります。


今度は「口からの胃カメラ」についての説明をしたいと思います。

2014-12-22(Mon)
 

雇われ院長の大変さ

理事長と院長の差

理事長と雇われ院長の考え方の違い


理事長と私と話し合いがあって2カ月 そして あと1か月で雇われ院長開始!
本日改めて理事長 そして事務長と話し合い。
するとお互いの「して欲しい」事と「したい」事があまりに違うのに 今さら気づく。
いや まだ今で良かったのか… 

理事長としては そもそも本院を開業して22年 成功させてきた自負がある。
何より 理事長としては「自分のクリニック」であるので
あまりよそ者にいじられたくない、という気持ちもあるのであろう。
それが例え 任せるはずの雇われ院長としても…

逆に私も これまで15か所程度の色んな病院で働いていて良い点 悪い点を見てきた。
その経験で考えを述べてきた。
また医療経営の本も読みつつ 改善点を提案してきた。

しかし かみ合わない…。
私としては「クリニックが流行るためなら」と思っているのだが。

だが やはりそうはいっても 最終責任は理事長にある。
ここはグッとこらえて様子を見ることとする。
サービスは相手が欲しい物を与えること
相手が望んでいない事を与えても それは自己満足
お腹いっぱいの人に サービスといってご飯を与えるようなものだ。

やはり 他人と一緒に仕事をするのは難しい。
でもこれが経営の大変さでもあり、醍醐味でもあるのだろう。
2014-12-02(Tue)
 
プロフィール

DRfujimi

Author:DRfujimi
森ノ宮胃腸内視鏡クリニック 院長の藤田です。
消化器内視鏡専門クリニックとして、楽で正確な胃カメラと大腸カメラ、専門医による正しい治療と分かりやすい説明を行います。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。