FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ABC検診を受けてはいけない、ってどういうこと?

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、鎮痛剤を使った痛くない大腸カメラをしている内視鏡専門クリニックです。
ピロリ菌治療で胃がんを、大腸ポリープ切除で大腸がんを、撲滅を目指しています。



■ABC検診とは
ABC検診とは別名「胃がんリスク分類」検査といって、胃がんにかかりやすいかを血液検査で調べることができるというものです。
血液検査で簡単にできることから、多くのドック施設で導入されています。
胃炎の程度を調べるペプシノーゲン法と、ピロリ菌感染を調べる抗体法を組み合わせて、A/B/Cにランク分けします。

 A群はピロリ菌抗体(-)ペプシノーゲン(-)で「ピロリ菌感染もなく、胃炎もない」という分類になります。C群はピロリ菌抗体(+)ペプシノーゲン(+)で「ピロリ菌感染して、胃炎も強い」という分類で、つまり胃がんのリスクが高いと考えられます。
Aが一番胃がんになりにくく 続いてB>Cの順になりにくいとされています。

■注意すべきは「ピロリ菌抗体」
幼少期にピロリ菌に感染すると、体内では抗体と言われる菌に特異的に反応する免疫物質ができます。ピロリ菌に感染した人はもちろん、ピロリ菌治療をした人でも抗体は残ります。しかし、その抗体の数値が低いと「抗体(-)」とされてしまうのです。
胃炎が軽い場合はペプシノーゲンも(-)と判定され、「A群」と判定されてしまうことになるのです。

■除菌後の人は、ABC検診を受けてはいけない!
もともとピロリ菌に感染していない人と、ピロリ菌治療をして除菌した人では、胃がんリスクが大きく異なります。
しかし、ABC検診では、同じ「A判定」とされてしまうため安心してしまう人がいるのです。ちなみに除菌後の人は、E(Eradication:除菌)群とされ、そもそもABC検診を受ける意味がないのです。

■そのほかにも、ABC検診を受けてはいけない人
●胃の手術をした
●胃酸を抑える薬を飲んでいる
●免疫抑制剤やステロイドを飲んでいる
●腎機能が低下している

以上の注意点を知ったうえで、ABC検診を受けるようにしましょうね。
本当は、検診クリニックで以上の説明をすべきなのですが、ほとんどのケースでは何の説明もなく
知らない間に血液検査で調べられていることが多いようです。


【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結の内視鏡専門クリニックです。
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、鎮痛剤を使った痛くない大腸カメラをしています。

胃腸のことはご気軽に相談ください。
ホームページは↓
 森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック ホームページ
スポンサーサイト
2018-07-17(Tue)
 

ABC検診で また引っかかった人は読んでおく。

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結 内視鏡専門クリニック
鎮静剤麻酔を使った楽な胃カメラ、無痛大腸内視鏡を行っています。


今月 たまたまなのか 2人の患者さんから
昨年ピロリ菌を除菌したのに、ABC検診でピロリ菌がいてるといわれて。どうしたらいいですか?
と問い合わせの電話があった。

(検診センターがちゃんとした情報を伝えていれば 患者さんは困惑せずにすんだのに…)

ABC検診とは「胃がんリスク層別化検査」といわれ、住民検診や職域検診、人間ドックでも採用されるところが増えている。

血液検査で簡単に調べることができる。ピロリ抗体検査と ペプシノーゲン法を組み合わせて ABCDにランク分けする。
A群は胃がんのリスクが低く、B⇒C⇒Dになるにつれて胃がんのリスクが高いという仕組みになっている。

問題は ピロリ抗体検査である。

抗体とは、ある異物(抗原)に対して特異的に働いて、生体からその異物を除去するタンパク質のこと(免疫グロブリン)であるが
ピロリ菌に感染している人でも抗体は存在するが、ピロリ菌がかつていた人(例えば 除菌治療をしてピロリ菌そのものがいなくなった人)でもこの抗体は存在する。

なので、除菌した人は抗体が陽性のままであることが多い
ということは ABC検診をすると B判定やC判定になることがある。逆に言えば A群にならないことも多い。

実は
ピロリ菌の除菌治療を受けた人は ABC分類の判定対象にはならない。
E群(除菌=Eradication)として区別される。

除菌後の方は ABC検診を受ける意義はなく、
それよりも 定期的に胃カメラを受けて 胃がんが発生していないかフォローするほうが
よほど大切なのです。


森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック
鎮静剤麻酔を使った楽な胃カメラ、無痛大腸内視鏡を行っています。
ピロリ菌治療も積極的に行っています。

ホームページは↓まで

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック ホームページ
2018-06-11(Mon)
 

ピロリ菌について診療でよく質問される事 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラをする内視鏡専門クリニックです。
大阪市、中央区にあり、JR森ノ宮駅直結のクリニックで、京橋、玉造からもアクセス良好です。
ピロリ菌感染症認定医として、積極的にピロリ菌の検査と治療を行っています。


普段 診療をしていると 多くの患者さんがピロリ菌の治療や、検査を希望されて受診されます。
その中で よく出る質問について解説をしたいと思います。


●ピロリ菌って何ですか?
ピロリ菌は4ミクロンの小さなバイキンで、土壌中(昔は井戸水)などに生息しています。
乳幼児期に何らかのきっかけで口の中から入り、胃炎を起こし、潰瘍や胃がんの原因になります。
きっかけとして、井戸水が昔は言われていましたが、今は育児の口移しや 公園の土遊びなどが考えられています。
日本人の2000~3500万に感染していると考えられています。


●ピロリ菌って移るのですか?
乳幼児期には移る可能性があります。この時期は免疫力も低く、胃酸分泌も少ないため、ピロリ菌に感染するとそのまま生息することになります。
逆に大人ではピロリ菌が口から入ったとしても、すぐに退治してくれます。


●私はピロリ菌が居たのですが、子供にも居てるでしょうか?
もちろん子供には移っている可能性はあります。しかし、ピロリ菌が急に悪さをすることは少なく、絶対に移るわけでもないため、過度に心配する必要はありません。成人になってから調べても遅くはありません。大人になるまでに潰瘍を起こしてしまえば、その時に調べられることもあります。


●ピロリ菌がいたらどうしたらいいのですか?
ピロリ菌は自然には居なくならないので、抗生剤の内服薬で除菌する必要があります。
9割以上の方が消えます
また 現在の時点で胃がんがないか胃カメラで事前に調べておく必要があります
胃カメラでちゃんとチェックした人には保険が適応されますが、胃カメラを受けていない方は治療は保険が認められず自費診療になります。


●ピロリ菌は一度消えたら感染しないの?
データでは、0.2%(500人に1人)再感染することがありますが、ほとんどは再感染しません。ですので、一度きちんと除菌する事が大事なのです。
また、一度消えるとほぼ再感染することがないので、毎年ピロリ菌の検査をする必要はありません


●ピロリ菌が消えたら胃は綺麗になるの?
残念ながら、慢性胃炎で変形(萎縮)してしまった胃の粘膜は元には戻りません。しかし、活動性を抑えることで、潰瘍や胃がんになる確率を減らすことは実証されています。
ピロリ菌が消えても、ちゃんと胃カメラでフォローしておきましょう。


●ピロリ菌を調べたいのだけど、どうしたらいいの?
調べ方には主に胃カメラを使う方法と、胃カメラを使わない方法があります。
胃カメラを受けて胃炎があれば、その場で検査することができます。(保険適応)
胃カメラを使わずに、血液検査、便検査、尿検査、尿素呼気試験などで調べることができますが、これらは保険適応外(自由診療)になります。


【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラをする内視鏡専門クリニックです。
大阪市内、中央区 JR森ノ宮駅直結に有るため、京橋、玉造からもアクセス良好です。

ホームページは、↓
森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック ホームページ


2018-03-21(Wed)
 

ABC検診 胃がんリスク分類 を解説する。

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区、JR森ノ宮駅直結。鎮静剤を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラをする内視鏡専門クリニックです。
ピロリ菌の除菌で胃がんの撲滅、大腸ポリープの切除で大腸がんの撲滅を目指しています。


ABC検診(胃がんリスク分類)

【ABC検診とは】

血液検査で①ピロリ菌に対する抗体 と②血清ペプシノーゲン(胃炎の程度を反映)を測定し、その組み合わせで胃がんになるリスクを分類・評価する検診のことです。
胃がんは、ピロリ菌に感染した胃が慢性的に炎症を起こしていく中で 遺伝子変化を起こし がんになってしまうためです。

A群:ピロリ菌抗体(―) ペプシノーゲン(―)
B群:ピロリ菌抗体(+) ペプシノーゲン(―)
C群:ピロリ菌抗体(+) ペプシノーゲン(+)
D群:ピロリ菌抗体(―) ペプシノーゲン(+)
D群はC群と同じ範疇に含まれるため「ABC」検診となっています。

例えばA群では ピロリ菌に感染しておらず、胃炎もほとんどないため、胃がんになるリスクがほとんど無いと考えられます。
C群では、ピロリ菌に感染しており、かつ胃炎も強いため、胃がんになるリスクがかなり高いと考えれます。
D群は胃粘膜が高度に萎縮され抗体が陰性になってしまったものや、ピロリ菌が自然に排泄されたり、加齢によって抗体価が低下した場合が考えられます。

このように 血液検査で簡単に 胃がんになりやすいかどうかを知ることができます。
(ただし保険適応外ですので 自費検査になります)
以下の注意点もありますので 確認下さい。


【注意点①】
ABC検診は、胃がんになる「リスクを分類」するものであって、胃がんかどうかを「診断する」検査ではありません。胃がんの発見には、胃カメラを受けておくことが大切です。

【注意点②】
すでにピロリ菌を除菌した方は、ピロリ菌抗体(+)となっているため、このABC検診での評価対象にはなりません。ピロリ菌に感染していた人(既感染)も胃がんのリスクはあるため、定期的な胃カメラ検査が必要です。
なお、除菌=Eradication と訳されるため、このような方は「E群」と言われることがあります。

【注意点③】
A群は、ピロリ菌がおらず胃炎もほとんどないため、従来は胃カメラの必要がないとされていましたが、最近のピロリ感染症学会の報告ではA群からも胃がんの発生が多いことが分かってきました(2018年時点)。症状が有る方は、積極的に胃カメラを受けることをお勧めします

その他にも 胃薬を飲んでいる方や 胃の手術をされた方は 正確な結果がでないことがあるため
胃カメラで診断を行うことをお勧めします。


【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラをする内視鏡専門クリニックです。
大阪市中央区、JR森ノ宮駅直結で、京橋、玉造からもアクセス良好です。


ホームページは コチラ(森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック) まで


2018-03-04(Sun)
 

ピロリ菌の治療とその副作用について 森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック
JR森ノ宮駅直結にある内視鏡専門クリニックです。鎮静剤を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラをしています。
ピロリ菌学会認定医として、ピロリ菌治療にも積極的に取り込んでいます。



ピロリ菌の除菌について

除菌に影響する因子としては
① ピロリ菌の因子:耐性菌かどうか
② 患者側の因子:ちゃんと服薬出来たか(特に副作用が理解できているか)

が重要になってきます。

【耐性菌】
抗生剤の過去の使用によって、その抗生剤が効かなくなるピロリ菌が生じることがあります。それが耐性菌と呼ばれるものです。
特にクラリスロマイシンは内科や耳鼻科などで処方されることが多く、年々耐性菌の割合は増加しています。現在は約40%でピロリ菌が耐性を持っていると考えられています。
(2000年次のデータでは、約15%)
過去に抗生剤治療をされた方は、ピロリ菌除菌治療が効きにくいことがあります。
当院に来られた中国人の患者さんではピロリ菌治療効果が悪く、みなさん「中国では風邪引いたりしたら、すぐに抗生剤を処方されるんです」と口を揃えておっしゃり、なるほどなと思いました。


【副作用】
ピロリ菌の治療で大切なことは「1週間続けてお薬を飲み続けて、飲みきること」です。
時々、自己判断で内服を中断される方がいらっしゃいます。これではせっかくの治療が不十分になり、かつ耐性菌が生まれる原因になります。
そこで副作用の理解や、医師からの説明が大切になります。
アモキシシリンの副作用で軟便になることがあります。数回程度であれば内服は続行とし、発熱・腹痛・血便が生じた際には主治医に連絡した上で中止する。
クラリスロマイシンの成分が唾液中に分泌されると口の中が苦くなることがありますが、1週間の内服終了後には改善するため、内服続行します。
タケキャブによる便秘肝機能障害などもまれにですが起こることがあります。


【日常生活の制限】
よく質問をいただくのですが、1回目の除菌治療(1次除菌)では特に禁煙や禁酒などの制限はありません。現在のところ、しっかりとした科学的データは認めません。薬局の先生方でもたまに間違って指導されることがあります。
ただし2回目の治療(2次除菌)では、飲酒を避ける必要があります。それは2回目の治療に含まれるメトロニダゾールは飲酒によりジスルフィラム-アルコール反応が起こり、嘔吐、ほてり、腹痛などが起こることがあるためです。

しっかり ピロリ菌を除菌するためにも、そして少しでも胃がんのリスクを減らすためにも
正しい知識を持って、ちゃんと治療していきましょう。


森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック
JR森ノ宮駅直結にある内視鏡専門クリニックです。
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラをしています。
中央区、東成区、城東区の境にあり、玉造駅、京橋駅からもアクセス良好です。


森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 内視鏡専門クリニック

2017-10-03(Tue)
 
プロフィール

DRfujimi

Author:DRfujimi
森ノ宮胃腸内視鏡クリニック 院長の藤田です。
消化器内視鏡専門クリニックとして、楽で正確な胃カメラと大腸カメラ、専門医による正しい治療と分かりやすい説明を行います。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。