今回からは胃カメラ、大腸カメラを中心に話題転換

改めて自己紹介

初めまして。私は36歳男性医師で、内視鏡を握って10年経つ医師です。
今は胃カメラ、大腸カメラ検査を仕事の中心として、大阪府内をあちこち検査を手伝っています。
多くの方が検査の事を知って不安が減って検査を受けてもらう事で
胃がん、大腸がん、食道がんとなる人が一人でも少なくなればという想いでブログをリニューアルしました。
これまで医師として多くの胃がん患者さん、大腸がん患者さんを診て、
「もっと早く検査していれば…」という悔しい想いをしてきました。
その医師の思いと 患者さんの橋渡しができたらと思って 今日から始めます。
初めて知ってもらった方、宜しくお願いします。

胃カメラって?

簡単に言えば、1mくらいのゴムチューブみたいな先に CCDカメラが搭載されていて
直接、食道、胃、十二指腸を観察する機会です。
直接見る事がバリウム検査とは違うところですね。
方法としては①口から入れる方法と ②鼻から入れる方法があります。


今度は「口からの胃カメラ」についての説明をしたいと思います。

スポンサーサイト
2014-12-22(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

DRfujimi

Author:DRfujimi
森ノ宮胃腸内視鏡クリニック 院長の藤田です。
消化器内視鏡専門クリニックとして、楽で正確な胃カメラと大腸カメラ、専門医による正しい治療と分かりやすい説明を行います。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR