FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

継承開業の話はなかったことに

大きい文字
継承開業の話は白紙に

少し大きい文字
十分な意見の摺合せが必要

小さい文字
ここまでの流れは極めて不気味なくらい順調であった。
何せ、理論上はお互いの思惑がピタリと一致したのだ。
そこでいよいよ計画は開始した。
私自身は勤務医であり、開業するための知識はほとんどなく
またそれを勉強するための時間も、方法も分からなかった。
そこで、その開業医の先生に指導してもらいながら
また先生の知り合いの建築会社の担当者との話し合いが始まった。
まず、マンションの設計は、その先生が行い
その次に1階の診療所のスペース、配置図が決定した。
その次にどのような診療スタイルにするかを決め、
受付、診察室、レントゲン室、内視鏡室、休憩室などを
どの広さで、どのように配置するのがいいか話し合いが行われた。
どの広さというのは、もちろん器具の大きさにもよる。
またレントゲン室などは法律的な問題も絡む。
通路も車いすが通れる幅が必要となる。
医師含めたスタッフと、患者さんの動線を考え、どう配置するのがいいのか
再三の話し合いが行われた。
また器具に関しても、内視鏡、レントゲン、エコー、そして電子カルテなど
どの業者にするのか、展示会などに参加しながら、知り合いの開業医の先生を訪問し
実際どうなっているのか、あちこちに見学に行った。
また、その配置図と内装に関しても、いくつかの建築会社に当たり
その中でどれがいいのか比べながら行った。
採用するスタッフに関しては、開業医の先生から紹介してもらうことで
こちらはそれほど労力は必要でなかった。
 そして、同時に「開業で成功するには?」といった類の本を買い漁り
自分なりに勉強できる事は勉強していった。
(開業準備には、いくつかの卸問屋に相談すれば「開業支援部隊」という
部門が紹介され、まったく最初から手伝ってくれるのであるが
完全に任せるわけにはいかないので、自分なりにも勉強してみた)

段々、計画が具体的に形作られてきた。

そして、開業医の先生と私との5年先を見据えた契約の話をしようと
私の方から持ちかけた。
(正直言うと、5年後に内視鏡クリニックを継承できることが保障されていない限り
私にはリスクしかないように思えた。)
そこで、問題が発生した。
それは、開業医の先生の継ぐべき内視鏡クリニックの運営についての意見の相違であった。
私としては、継承した後は、0ベースで考え、そのクリニックを改築し時代にマッチした
私の診療スタイルにマッチした形で、なおかつさらに大きくしたいというのが夢であった。
一方、その先生のリクエストは、「自分が20年間手塩にかけたクリニックをそっくり
そのまま維持して欲しい。」との事であった。
そこでお互いの合意が得られず、結局破談となってしまった。

 今 思えば、まず最初のその部分まで話し合いをすべきであった。
私自身、その先生とは6年ほど前からの知り合いであり、性格もよく知っていた。
人柄も尊敬できる先生であった。
そもそも、そうでなければここまで計画が進んでいなかったであろう。
だからお互い、金銭面などの具体的な話はなく、お互いの「信頼」で
話しを進めていった。
 しかし、経営方針に関しては、まったくベクトルが合わず正反対であった。
つまり、その先生は「これからゆっくりとトーンダウンする方向」であるのに対し
私は「これからもっとアップさせる方向」を向いていたのだ。
私も、継承開業するとなると、自分の給料は自分で稼がないといけないし
何よりも自分の性格から「まあまあ、こんなものでいい」と満足する性格ではないので
この部分だけは譲れなかった。
 そしてお互いの考えの溝は埋まらず、またその先生のプライドもあり
決定的に破談となってしまった。
先生からの言葉は「先生がそこまでしたい事があるなら、自分で最初からした方がいい」
であった。

 なお、現在でもその先生の事は尊敬しているし、
また連絡も取るようにしている。
たまたま経営方針が合わなかっただけで、人間性を否定するわけでは
決してなかったからだ。




しかし、、、

スポンサーサイト
2012-05-20(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

DRfujimi

Author:DRfujimi
森ノ宮胃腸内視鏡クリニック 院長の藤田です。
消化器内視鏡専門クリニックとして、楽で正確な胃カメラと大腸カメラ、専門医による正しい治療と分かりやすい説明を行います。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。