FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ピロリ菌の治療と治療の効果判定

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 
大阪市で鎮静剤を使った楽な胃カメラと大腸カメラをしています。
JR森ノ宮駅直結 緑橋、京橋、玉造からもアクセス良好です。


森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。
今回のテーマは
「ピロリ菌治療と効果判定」です。

ピロリ菌は乳幼児期に感染し、そのあと慢性胃炎を引き起こします。
そして潰瘍や胃がんの原因となることが分かっています。

現在はピロリ菌に感染して 胃カメラで胃炎があることがわかると
ピロリ菌の内服治療をすることが勧められています。


●ピロリ菌の治療
胃薬(PPIまたはP-CAB)と2種類の抗生剤を7日間内服する3剤併用療法です。 
2015年2月よりP-CAB(商品名:ボノサップ)が使えるようになり、除菌率も向上(それまでは75%→92%)しました。
ただし、「100%除菌できるわけでもない」のです。

●除菌判定 
ガイドラインでは、尿素呼気試験と便中抗原を推奨されています。
当院では尿素呼気試験を行っています。
詳細は省くとして、検査薬を飲んで、5分左向きで休んで15分座って、合計20分休んで検査バックに息を貯める方法です。
(15分と20分、体位変換の有無は結果に影響を与えないという報告も)

●呼気試験の判定数値
カットオフ値 診断では2.5‰で、陰性と陽性を分けています。
除菌判定では3.5‰を使ったほうがいいという報告あり(よく使われるのは2.5‰)
除菌判定では 2.5~5.0‰は判定困難で、偽陽性(除菌出来ているのに、陽性と判断してしまう)が生じることが報告されています。

●判定の時期
ピロリ菌治療の内服終了後、1ヶ月以上開ける事となっています。
(およそ1ヶ月で95%以上の除菌不成功例で菌量が復活するため)
しかし治療後1ヶ月目では、5%偽陽性という報告あり 3ヶ月後で正確な判定を行えるという報告
当院では、ピロリ菌治療薬内服後 2ヶ月後に呼気試験を行っています。


●再陽性化
一度ピロリ菌を除菌できたはずなのに、再度陽性になることがあります。
再燃と再感染があります(1年以内だと再燃、1年以上経過後だと再感染とかんがえられる。厳密に区別するのは難しい。)
再陽性化率は先進国では2~3%とされています。

私達医師が気をつけているのは、ピロリ菌による感染→胃がんの発生です。
ピロリ菌が除菌出来なくとも、除菌出来たとしても 胃がんのリスクはあるわけで
定期的に胃カメラをして 胃がんがないか あっても早期発見できるようにフォローしていきましょう。

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 
大阪市 中央区で鎮静剤を使った楽な胃カメラと大腸カメラをしています。
JR森ノ宮駅直結 緑橋、京橋、玉造からもアクセス良好です。


クリニック ホームページは↓
ピロリ菌治療をするなら、森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック

スポンサーサイト
2017-07-17(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

DRfujimi

Author:DRfujimi
森ノ宮胃腸内視鏡クリニック 院長の藤田です。
消化器内視鏡専門クリニックとして、楽で正確な胃カメラと大腸カメラ、専門医による正しい治療と分かりやすい説明を行います。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。